秋山あい

アーティスト。1973年、東京生まれ。

女子美術大学付属高等学校を卒業後、
'93年にフランスに渡る。
'99年ボルドー・エコール・デ・ボザールにてDNSEP(
国家学位修士号)を取得、卒業。
以降、パリと東京を拠点に創作活動と作品発表を行う。

個々の暮らしや風俗を観察することで、今を生きる人々の物語を覗き見ようとする「考現学的視点」をテーマに、日常生活のモノや出来事、建物などのドローイングを多く描く。またフォント作品を使ったイラストレーションなども行なっている。

日々目にしているのに覚えていないような日常風景を描きとめたシリーズ『Nothing Landscape』や、女性たちが所有する下着を取材した後それぞれの物語をデータとドローイングに起こしファイリングした、学問的アート『パンティオロジー』などがある。


2019年に集英社インターナショナルより『パンティオロジー』を出版。


[個展]
2019
 PANTIES Ma Lingerie x Aï Akiyama (伊勢丹新宿本店 /
ザ・ステージ#3、新宿)
 『パンティオロジー』 出版記念展覧会  (Gallery and Shop 山小屋、恵比寿 ) 
2018
 
パンティオロジー 秋山あい作品展 (誠光社、京都)
2017
 パリの裏窓 (Gallery and Shop 山小屋、恵比寿)
 
パンティオロジー  - ちら見せ展 アツコバルーABCounter 、渋谷
 
パンティオロジー - パンティに宿る哲学 (Gallery and Shop 山小屋、恵比寿)
2016
 ラ・ペッシュ? (Camarada 、中目黒)
2015
 
パンティオロジー (Fabulous、三軒茶屋)
 ラ・ヴィー・アン・ローズ ばら色の人生(Vive la vie、渋谷)
2014
 La Vie En Rose(La Barricade、パリ)
 Mirage(En Face、パリ)
 ファッキン・エクセレント(Fabulous、三軒茶屋)
 虫のきもち (Capleville 、谷中)
 ありがとうの夜 (Tonga coffee、代々木)
2013
 コイワズライ(Gallery Café 3、高円寺)
 虫のきもち (Bar Fabre、池ノ上)
 Ras le bol (Zazoubara、パリ)
 ノスタルジー・シブヤ ( Liaison、渋谷)
2012
 Sokokara nani ga miemasuka ? (パリ市立エレン・ベール図書館、パリ)
2011
 Nostos Algos (En Face、パリ)
 Viva (パリ市立エレン・ベール図書館、パリ)

[グループ展]
2018
 XS BOOK FAIR (ユトレヒト、神宮前/誠光社、京都)
2014
 Opération à cour ouverte 7 (Culture à la Ferme、フランス/アミアン)
 Miss You (Usagi、パリ)
2013
 手ぬぐい&ハンカチーフ
(Gallery and Shop 山小屋、恵比寿)
 Ken(Usagi、パリ)
2012
 Fiction (Galerie Satelitte、パリ)
 En Face GRAND OPENING (En Face、パリ)
2010
 OrganX – Still thinking (GEM、フランス/モンフランカン)

[その他]
2019
 トークイベント
 ”SPINOR夜学 ”ブックトーク・著者と90分/秋山あい × 伴田良輔

SPINOR ギャラリー、神保町
2018
 トークイベント

 パンティ考現学 研究報告会(誠光社、京都)
 パンティオロジー自費出版発表会(Vive la vie、渋谷)

2012
 ワークショップ
 Sokokara nani ga miemasuka ?(パリ市立エレン・ベール図書館、パリ)


[メディア掲載・出演]

 夕刊フジ 「ぴいぷる」(2019年12月6日号
 (電子版はこちら)
 
 日刊ゲンダイ 「発掘おもしろ図鑑」(2019年12月11日号
 (電子版はこちら)
 週プレニュース(2019年12月12日号
 (電子版はこちら)
 読売新聞 「読書委員が選ぶ"2019年の3冊"」
 読書委員・津崎睦美氏 (木琴奏者)(2019年12月22日朝刊)
 (電子版はこちら) 
 
 週刊新潮 「書評」 レビューアー・大竹昭子氏(作家)(2019年12月26日号)
 美的(2020年1月号
 婦人公論 「私の書いた本」(2020年1月28日号
 (電子版はこちら)

 Eltha オリコンニュース(2020年2月13日号
 (電子版はこちら) 

 京都α-STATION「Air STUDYHALL」ラジオ出演 (2020年3月15日放送)
 (電子版はこちら)
*

Aï Akiyama
Née à Tokyo en 1973, vit en France depuis 93. Diplomée (DNSEP) à l'école des beaux-art de bordeaux en 99. Vit et travaille entre Paris et Tokyo.
Ai Akiyama
Born in Tokyo in 1973, and move to France in '93.
Graduated (DNSEP) at the School of Fine Arts in Bordeaux on '99.
Live and work in Paris and Tokyo (Jp)

*
[Exhibitions]
2019

 PANTIES Ma Lingerie x Aï Akiyama  (Shinjuku Isetan, Tokyo)
 Pantieology Exhibition  (Gallery and Shop Yamagoya, Tokyo)

2018

  Pantieology -Aï Akiyama Exhibition-  (Seikosha, Kyoto

2017

 Paris, fenêtres sur cours  (Gallery and Shop Yamagoya, Tokyo)
 Pantieology  (Atusko Barouh Counter Gallery, Tokyo)
 Pantieology  (Gallery and Shop Yamagoya, Tokyo)

2016

 La Pêche ?  (Camarada, Tokyo)

2015
 Pantieology  (Fabulous, Tokyo)
 La Vie En Rose  (Vive la vie, Tokyo)


2014
 La Vie En Rose  (La Barricade, Paris)
 Mirage  (En Face, Paris)
 Fuck’in Excellent  (Fabulous, Tokyo)
 Insect sentiment 2 (Capleville, Tokyo)
 Arigato no Yoru  (Tonga coffee, Tokyo)


2013
 Le mal d’amour, Lovesickness  (Gallery Café 3, Tokyo)
 Insect sentiment  (Bar Fabre, Tokyo)
 Ras le bol  (Zazoubara, Paris)
 Nostalgie Shibuya    (Liaison, Tokyo)


2012
 Sokokara nani ga miemasuka ?  (Médiathèque Hélène Berr, Paris)


2011
 Nostos Algos  (En Face, Paris)
 Viva  (Médiathèque Hélène Berr, Paris)
*
[Groupe Exhibitions]

2018
 XS Book Fair  (Utrecht, Tokyo & Seikosha, Kyoto)

2014

 Opération à cour ouverte 7  (Culture à la Ferme, Amien France)
 Miss You  (Usagi, Paris)

2013
 Tenugui & Handkerchief  (Gallery and Shop Yamagoya, Tokyo)
 Ken  (Usagi, Paris)

2012
 Fiction  (Galerie Satelitte, Paris)
 En Face GRAND OPENING  (En Face, Paris)

2010
 OrganX – Still thinking  (GEM, Monflanquin,France)
*
[Work Shop / Event]
2019

 Talk event  - Pantieology    (SPINOR Gallery, Tokyo
2018
 Talk event  - Pantieology  (Seikosha, Kyoto)
 Talk event  - Pantieology  (Vive La Vie, Tokyo)

2012

  Drawing workshop - Sokokara nani ga miemasuka ?  (Médiathèque Hélène Berr, Paris)


[Media]
[FR]
rue89bordeaux Publié le14.03.2014 / Texte : Valérie Champigny
https://rue89bordeaux.com/2014/03/tokyo-bordeaux-memoire-ai-akiyama
Back to Top